旅行プラン

高知へ行こう

馬路温泉 馬路温泉 はコメントを受け付けていません。

高知県安芸郡馬路村大字馬路にある馬路温泉の楽しみ方の案内をします。

 

温泉宿泊施設になり、リウマチなどに効果がる温泉になります。泉質はナトリウム・炭酸水素塩・塩化物泉でやけどや創傷などにも効果があります。浴室からは安田川や馬路の山々が見ることができます。

家族風呂もありゆっくり入ることができます。冬季には風物詩ゆず風呂に入ることができます。柚子玉と温泉の相乗効果でお肌がつるつるになり冬季限定で人気があります。バラ風呂にも入ることができます。

宿泊は本館・別館・バンガローがありどのタイプも窓から安田川を望むことができます。食事はアメゴやゆずを使った料理を堪能することができます。アメゴのゆず酢がけやアメゴの刺身など珍しいものを食べることができます。

朝ご飯はアメゴのひものなどの和食になります。バンガローにはシャワーや台所・寝具・食器・テレビが備わっていて便利です。レストランでは、いのしし定食や土佐特産地鶏土佐ジローなど堪能できます。

土佐ジローの鍋や刺しみ・たたき・水炊き・にぎりなど食べることができます。ゆず酢鶏定食や鮎の塩焼きき・田舎すしなどもおすすめです。周辺には森林鉄道や文化財の河平の家などがあります。

 

交通アクセスは県道12号線安田東洋線を20km・30分で着きます。

桂浜公園 桂浜公園 はコメントを受け付けていません。

桂浜公園は、高知市浦戸にある太平洋に面した景勝地になります。

 

車でのアクセスは、高知自動車道の高知インターチェンジから30分のところにあります。わかりやすい場所にありますが、念のため地図で確認したりカーナビをセットした方が良いです。公園内には桂浜水族館や坂本竜馬記念館・国民宿舎桂浜荘などの施設があります。

 

 

龍頭岬には太平洋を眺めるようにして坂本竜馬の像が立っているので、記念写真を取られる方が多いです。秋季には坂本竜馬に関するイベントなども開催されているので、秋季に行くとより楽しむことができます。

太平洋の夕日も絶景なのでデジカメなどを持って行った方が良いです。桂浜水族館は桂浜の浜辺に位置いていて、土佐湾に生息する幻の魚アカメなど飼育されています。

アシカショーやイルカショーなども開催されているのでショータイムを事前にチェックした方が良いです。予約をすると2000円でイルカと一緒に泳ぐことができます。水着やサンダル・タオルなどを持参する必要があります。

イルカや海ガメなどにふれあったりエサをあげたりする体験もできます。坂本竜馬記念館は坂本竜馬に関する貴重な歴史的資料を展示しています。

 

展望台からは太平洋を一望することができます。

マリンステーション興津のここが魅力 マリンステーション興津のここが魅力 はコメントを受け付けていません。

kz0010004348l

 

マリンステーション興津は、高知県四万十町にある、小室湾に面した興津海岸に所在しています。
小室の浜海水浴場からも近いこの施設は、マリンスポーツのメッカとなっており、夏季には様々なマリンスポーツを楽しむことができます。
小室湾の美しい海や砂浜といった自然を、手軽に満喫できるため、夏季になると、多くの観光客やマリンスポーツファンが集まる場所となっています。
体験できるマリンスポーツは非常に数多く、手軽なバナナボートといったものの他、シーカヤックや、ウェイクボード、スタンドアップパドルボードなどの本格的なものまで提供されています。
設備、スタッフなど充実したサービスのもと提供されていますので、初心者や、子供でも利用できるのが魅力となっています。
また、これ以外のマリンスポーツとして、スキューバダイビングも利用が可能です。
専門のインストラクターが指導してくれるため、全くの初心者であっても、体験することが可能です。必要な機材も揃っているため、水着だけ用意すれば利用できるのも大きな特徴となっています。

 
このように、一つの施設で、海に関するあらゆるレジャーが体験できるため、年齢、性別を問わずあらゆる層の利用客から人気の高い施設となっています。

四万十町昭和ふるさと交流センター 四万十町昭和ふるさと交流センター はコメントを受け付けていません。

高知県高岡郡四万十町には、四万十町昭和ふるさと交流センターと呼ばれる施設があります。
この施設は、キャンプ場などが設けられており、夏季になると多くの人がキャンプを楽しみに訪れます。

 

この施設のキャンプ場の特徴は、キャンプ場施設が全て芝生になっている事です。
また、キャンプ場の目の前には、最後の清流とも言われている四万十川が流れており、自然をたっぷりと楽しめると言う特徴があるのです。

キャンプに訪れたのであれば、沢山の自然を感じたいわけですので、この施設のキャンプ場はそれを叶えてくれるという事でもあるのです。

 

春季は新緑の季節でもあり、夏とは違った自然を感じさせてくれることからも、春季に訪れる人も少なくありません。

尚、この交流センターの営業時間は午前8時半から午後5時半までになっており、営業を行っている期間は通年となっていますので、季節に関係なく楽しめると言うメリットもあります。

また、キャンプ場は予約をせずに利用する事が出来ますので、週末など自然を感じにこの施設に訪れ、キャンプを楽しめると言う少々豪華な楽しみ方も出来ると言えるのです。
因みに、この施設は、JR土佐昭和駅から徒歩で5分と言う場所に有ります。

よさこい祭り よさこい祭り はコメントを受け付けていません。

よさこい踊りやよさこい祭りが全国的に展開されていますが、その発祥の地をみなさんはご存じでしょうか。多くの方が知っていらっしゃるかも知れません。

そうです、何と言いましてもそれは高知県の事なのです。元々よさこい踊りは民謡で緩やかに踊るものでしたが、現在ではダイナミックな曲に合わせた活気のある踊りが印象的でもあります。

 
このようなお祭りを見るためだけではなく、それに参加されるために県外から多くの方が高知県にいらっしゃるのです。四国の南側に位置しますので、高知県にやって来るだけでもかなり運転するということになるでしょう。更に高知県は東西に長い県となります。ですからその東西に向けて運転することもできるのですが、もし県外の遠くからやって来られた場合は、一度高知市内で一泊されることをお勧めいたします。そして翌日、体調をしっかりと整えた上で運転を再開してみて下さい。
と申しますのも、東は室戸岬、西は足摺岬を結ぶ国道55号線や国道56号線は、総延長が軽く200kmを超えるのです。ですから運転中の眠気も来ることから、連続した運転はお勧めできないのです。しかしその景色は格別で、太平洋の穏やかな波を見ながら走る道路は最高に気分の良いものになることでしょう。

ゆすはらに行くなら ゆすはらに行くなら はコメントを受け付けていません。

ゆすはらは、国道197号線沿いにある四国のカルストの麓にある道の駅になります。施設内には自然を利用した太郎川公園があり、アスレチックやキャンプ場といったレジャー施設があり、1日中遊べる道の駅になります。

 

森林生態系学習館や研修室などもあります。雲の上のホテルでは、宿泊はもちろんレストラン・温泉・プールなどがあります。レストランではカルスト牛や四万十川で取られたアメゴ料理などを堪能することができます。

 

是非食べてもらいたいのは、町特産のかよ卵を使ったチーズケーキになります。お土産にホールで購入されていくことがあるほど人気なので欲しい方は行かれる前に電話で確認した方が良いです。

 

源泉かけ流しの温泉があり、露天風呂。ジェットバス・ジャグジー・うたせ湯・サウナがあります。大人500円・小人300円で入浴できます。地熱利用の室内プールは25mあり、500円で利用することができます。水着を持参した方が良いです。雲の上市場では、しいたけやわさび加工品・そば粉・栗などを販売しています。交通アクセスは高知自動車道須崎東インターチェンジから車で50分になります。

 

近くには日本3大カルストのひとつの四国カルストがあり、四国の屋根を形成する山脈で北には石鎚山や太平洋が一望することができます。

土佐和紙工芸村 土佐和紙工芸村 はコメントを受け付けていません。

四国の高知県には清流と言われている、仁淀川があります。
この仁淀川は、夏になると、多くの人が川遊びやキャンプなどを楽しみに訪れる場所でもあります。
また、この仁淀川には、土佐和紙工芸村と呼ばれる施設が有ります。

 

この施設は、高知県吾川郡いの町鹿敷と呼ばれる場所にあるもので、道の駅と言う役割を持つのが特徴です。
道の駅と言うと、食事をしたりお土産を購入したり、更には休憩を可能とする施設になるわけですが、この仁淀川沿いにある道の駅は、キャンプ場や紙工芸などを楽しめると言うメリットが在るのです。

 

この道の駅は、土佐和紙の手すき体験を可能にしており、貴重な体験をすることが出来ると言うメリットが有ります。

 

尚、この道の駅があるのは、吾川郡いの町の国道194号線沿いにあるのですが、この場所にある仁淀川の流れは地図で見ると解りますが、大きく蛇行しているのが特徴です。
これはまさに川のUターン地帯であり、川の流れはこの場所で一挙に変化する事からもカヌーなどを楽しめるポイントにもなっています。
そのため、この道の駅の施設の中ではカヌー体験教室も有ります。

 

尚、土佐和紙の手すき体験などは一人旅でも楽しめるもので、午前9時から午後5時までが体験コーナーの営業時間となっています。

四万十大正 四万十大正 はコメントを受け付けていません。

四万十大正という道の駅があります。

この道の駅がどこに位置するのか、みなさんおわかりいただけますでしょうか。四万十という名前がつくことから、すぐにピンとこられた方もいらっしゃるのではないでしょうか。そうです。これは高知県にある道の駅なのです。更にここで問題になることがあります。高知県でもどの部分にあるのかということなのですが、四万十という名前は、四万十市という解釈と四万十町という解釈ができるのです。どちらも同じような感じもするのですが、実はこれらは全く違うのです。特に四万十町は高岡郡になりますので、大きな違いとなります。実際にこの道の駅は、高岡郡四万十町に位置するということになるのです。

 
特に高知県は国民休暇県としても有名な県です。日頃の嫌な出来事なども、この地を訪れることによって気持ちをリセットすることができるくらい、癒される特徴のある県です。また高岡郡四万十町におきましても自然豊かな場所でありますので、こちらも訪れるだけで癒されることは間違いありません。

 
まずきれいな川が近くを流れています。夜には季節によっては蛍をたくさん見ることもできるのです。また秋には赤とんぼも多く見られます。のんびりとこのような場所でお茶やご飯をいただけることは、非常に贅沢な時間となることでしょう。

キラメッセ室戸で遊ぶなら キラメッセ室戸で遊ぶなら はコメントを受け付けていません。

南国土佐という愛称でも多くの方に知られている高知県ですが、この県には非常に魅力があるのです。その魅力に惹かれた方がこの県を訪れ、特に気に入られた方はそのまま定住してしまうくらいの魅力があったりするのです。ぜひみなさんも、この県の素晴らしい魅力に惹かれて見て下さい。

 
とは言いましても、この県は四国の最南端に位置する県ですので、正直都会であるとは言えません。どちらかと言えばやはり田舎とはなるのですが、それでもその田舎の良さに惹かれる方が多いのです。田舎と言いましても、そのスケールが違います。山にも囲まれてはいるのですが、一番の魅力は大海原です。太平洋が目の前にドーンと広がります。目視で水平線がしっかりと見られて、その広大さからしばらくの間は身動きが取れなくなるかも知れません。そのような大自然の魅力があるのです。

 
高知県は東西に長い県となり、その両端には岬があることが特徴です。東側は室戸岬で、西側は足摺岬となっています。それらに向かっていく途中には道の駅もあるのですが、室戸岬に向かっていく際にありますキラメッセ室戸は、その目の前が海で、とても景色が良いのです。しかし嵐になるとこの海が荒れますが、それはそれで魅力を感じられるものなのです。

 

gf0640065860l